アルトコインのICOへの参加の仕方~初心者向け~

アルトコインICO

人気を集めています。

時には爆発的な値上がりが

期待できるアルトコインICO

ある意味では仮想通貨投資の醍醐味

とも言えるアルトコイン

ICO投資ですが、

リスクが高いのも事実です。

アルトコインICOの意味や

投資するメリット・リスク、

参加を検討するための

チェックポイントなどは

以下の記事を参考にしてください。

>>>アルトコインのICOとは?

ここではICOへの参加を決めた場合に、

どうやって参加すればいいのか

わからないというICO初心者に向けて、

ICO参加の大まかな流れを

解説していきます。

アルトコインのICOに参加するには

ICOへの参加の仕方は、

アルトコインによって若干違いますが、

大まかな流れは一緒です。

私が過去にICOに参加した経験から、

大まかな手続きの流れを説明します。

ICOを検討する時間もかかりますが、

手続きに必要なものの準備にも

時間はかかりますから、

余裕をもって準備しましょう。

アルトコインのICO参加方法

手順1:ICOのサイトでアカウントを作る

まず最初にやるのは、

選んだICOのサイトで

アカウントを作ることです。

必要なものはメールアドレスです。

大事なメールを見逃さないために、

ICO専用のアドレスを

作った方が良いかもしれません。

アカウント自体は最終的に

ICOに参加しなくても作れます。

情報収集のために

先にアカウントだけ

作っておくのも

ひとつの方法でしょう。

手順2:払込み用の仮想通貨を用意する

ICOでは日本円で払い込む

ことは基本的にできません。

払込みは仮想通貨で行います。

そのため、払込み用に

日本の取引所で仮想通貨を買って

準備しておく必要があります。

すでに取引所に口座を持っていて、

仮想通貨を保持していれば

特に準備はいりませんが、

取引所の口座開設も時間が

かかりますから、

口座がない場合は

早急に作る必要があります。

払込みに使える仮想通貨は

ICOによって異なります。

ビットコインやイーサリアムなら

たいていの場合に対応していますが、

その他のアルトコインの場合は

払込みに使えるかちゃんと

チェックしましょう。

ICOのサイト内で確認できます。

手順3:指示に従って仮想通貨を払い込む

アルトコインのICO参加方法

ICOが開始されると、

メールで通知が来ます。

メールに払込みの手順が

説明されていますから、

その手順に従って

仮想通貨を払い込みます。

すでに開始済みの場合は、

ICOサイト内に手順が

説明されています。

この時、多くのICO

「取引所から直接送金しないように」

と言われます。

ICO終了後に、

発行されたアルトコインの配布が

始まりますが、

取引所のウォレットでは

受け取れない場合が

多いからだと思います。

ここで間違うと、

受取りの手続きが面倒なことに

なりますので、

注意して払い込みましょう。

また、

払込みアドレスを間違うと

二度と戻ってきません

ので、慎重に行いましょう。

私の場合は今まで、

払込みにはイーサリアムを使用し、

取引所から

「MyEtherWallet.com(MEW)」

の自分のアカウントに送金して、

そこからICOへの払込みを

行っています。

ICOで発行されるアルトコイン

イーサリアムベースであることが多く、

その場合は発行されたアルトコイン

「MyEtherWallet.com」で

受け取ることができて便利だからです。

「MyEtherWallet.com」については

別の機会に詳しく説明します。

>>>マイイーサウォレットの作り方

>>>マイイーサウォレットの使い方

払込みが終わると、

ICOのサイト内で買った

アルトコインの確認ができる場合

もありますが、

できない場合もあります。

ICO終了時に計算する

場合もあるためです。

中には払込みができたのかどうかの

確認すらできない場合もあります。

手順4:KYC(本人確認)のやり方

アルトコインのICO参加方法

ICOによっては

KYCと呼ばれる本人確認

必要な場合があります。

ここは初心者がいちばん

戸惑うところでもあります。

日本の取引所に口座開設する時にも

本人確認が必要な場合がありますが、

イメージとしてはあれと同じです。

自分の身分証を写真に撮って、

それを送るというという作業です。

ICOによっては、

身分証の写真だけでなく、

それと日付などを書いた紙を持った

本人の写真が必要な場合もあります。

使える身分証ですが、

ICOによっては英語で住所が

記載されたものしか認められない

場合があります。

その場合は、

パスポートや英語で住所が表記された

銀行の残高証明書が必要になります。

私の場合は

初めてのICO参加の時に

パスポートを作りました。

こういった身分証の準備にも

時間がかかることがあるので、

早めに準備しましょう。

ICOによっては日本の

運転免許証でもOKな

場合もあります。

ただし、

その場合はアカウントの住所を

日本語で登録しておく必要があります。

KYCは人間が確認するので

時間がかかることがほとんどです。

また、KYCが必要なICOでは、

KYCで認証されないと

発行されたアルトコインを

受け取れません。

手順5:発行されたアルトコインを受け取る

ICO期間が終了すると、

払い込んだ金額に見合う分の

アルトコインが配布されます。

メールやICOサイト上などで、

受け取り方が説明されますので

それに従います。

その点で便利なのが、

上にも書いた

「MyEtherWallet.com」です。

イーサリアムベースの

アルトコインなら

カスタムトークンを登録して、

受け取ることができます。

イーサリアムベースではない場合は、

ICOによって様々です。

受け取りに専用のウォレットが

必要な場合もあります。

ICO期間が終了して

配布が始まったのに受け取れない

パターンとしては、

KYCが認証されていないか、

送金を取引所がら直接送って

しまった場合などです。

そうなると、

メールでいろいろ問合せしたり、

証拠の画像を送ったりと、

とても面倒なことになります。

しかも、それをすべて

英語で行わなければなりません。

KYCや送金には細心の注意を

払いましょう。

Related Post