アルトコイン投資法の3つの戦略【2018年度版】

アルトコイン投資

興味のある人は増えています。

2017年は仮想通貨元年と

呼ばれましたが、

2018年はアルトコインの年に

なるとも言われています。

2017年、

ビットコインは25倍ほどまで

値をあげて注目されましたが、

実はビットコイン以上に

値を上げたのがアルトコインです。

例えば、

イーサリアム:約47倍

リップル:約56倍

ネム:約71倍

などです。

もちろん、

一番流通しているのは

ビットコインであり、

まだまだ可能性はあります。

>>>参考:ビットコインは何倍なる?

ですが、

値が上がってしまったために、

手を出しづらくなって

いるのも事実です。

そこでアルトコイン投資

目が向けられるわけですが、

現時点では相場の地合いが悪く、

2017年と同じ投資手法では

儲けにくくなっています。

そこで、

アルトコイン投資で2018年に

有効と思われる投資戦略

紹介したいと思います。

アルトコインの投資方法-2018年度版-

2018年に有効と思われる

アルトコイン投資方法

としては3つあります。

それぞれやり方や

向いている人などを

見ていきましょう。

アルトコイン投資法

有望なアルトコインに投資してガチホ

2017年に主流だった投資手法です。

多くの億り人を輩出した

方法でもあります。

有望なアルトコインを探し出し、

そのアルトコインに少額投資して、

ガチホ(長期ホールド)する手法です。

2017年よりは

むずかしくなっています。

むずかしくなっている理由は

2点あります。

●アルトコインの種類が大幅に増えた

現時点でアルトコイン

1600種類ほどあり、

月に50種類程度増えています。

そうなると、

市場全体の資金が分散され、

値が上がりにくくなります。

また、種類が多いため、

有望なアルトコイン

探し出すのにもかなりの

労力が必要です。

●現時点では相場の地合いが悪い

2017年12月を頂点として、

相場の下落が続き、

コインチェック事件や

3月のG20で何も

決まらなかったことなどから、

相場が停滞しています。

おそらく、

7月のG20までは

この状態が続くでしょう。

その後はどうなるかはわかりません。

さらに下落するかもしれないし、

2017年のような上げ潮相場に

なるかもしれません。

上げ潮相場に転ずれば、

もっとも効率の良い

投資方法になるでしょう。

資金の少ない人に向く

手法ともいえます。

ただ、

一銘柄に集中投資するのではなく、

複数の銘柄に分散投資するのが

基本です。

メジャーなアルトコインの短期投資

アルトコイン投資法

本来、

短期投資はあまりすすめませんが、

停滞したレンジ相場では、

トレード技術習得の練習に

ちょうど良い機会であるとも言えます。

短期投資と言っても、

スキャルピングやデイトレードは

おすすめしません。

スイングトレードと呼ばれる、

数日以上をかけてのトレードです。

詳しいやり方については

以下のページを参考にしてください。

>>>ビットコインの儲け方

短期投資でも、

FX(証拠金信用取引)は

おすすめしません。

いつレンジ相場が崩れるかは、

誰にもわからないからです。

また、今からはじめるなら、

7月のG20前にはいったん

手じまいした方が良いでしょう。

トレードするアルトコインは、

取引量の多いものを選びましょう。

具体的には、

イーサリアム、リップル、

ビットコインキャッシュ、

ライトコインなどです。

資金量が数十万円用意できるなら、

やる価値があるでしょう。

この投資方法の場合は

銘柄は1種類に絞ります。

アルトコインの積立投資

積立投資は、

相場変動の影響を受けにくい

堅実な投資手法です。

毎月決まった日に、

決まった金額(決まった量ではない)

だけ、アルトコインを買います。

ドルコスト平均法の恩恵で、

平均購入単価を下げながら、

資産を増やしていくことができます。

積立投資に便利なのは「Zaif」です。

はじめに設定しておけば、

毎月どころか毎日少しずつ

自動的に積立投資をしてくれます。

ただ、

選べる通貨が数種類しかないため、

もっと分散したい人は、

自分で毎月買うのがおすすめです。

銘柄としてはメジャーどころの

アルトコインがいいでしょう。

毎月一定額をアルトコイン投資

回せる人には向いています。

Related Post