ビットコインキャッシュとは?ビットコインの座を狙う通貨

ビットコインキャッシュとは

「ビットコインはよく聞くけどビットコインキャッシュって?」

「ビットコインとビットコインキャッシュは違うの?」

最近になって仮想通貨に

興味を持ち始めた方にとっては、

この二つが違うのか同じなのかも

よくわからないと思います。

そんな仮想通貨初心者にも

わかりやすいように、

ビットコインキャッシュについて

解説してみたいと思います。

ビットコインキャッシュとは

ビットコインと

ビットコインキャッシュ

違う仮想通貨です。

もとはひとつのビットコインでした。

ビットコインキャッシュ

ビットコインからハードフォーク

(互換性を持たずに分裂すること)

によって生まれました。

分裂したのが2017年8月1日です。

まだ生まれてから1年ちょっとの

仮想通貨です。

なぜ分裂した?

ビットコインキャッシュ

ビットコインから分裂して

生まれた仮想通貨ですが、

なぜ分裂したのでしょう?

その背景には

当時問題になり始めた

ビットコインのスケーラビリティ問題

がありました。

どんな問題かというと、

ビットコインが

じょじょに認知され、

使われ始めると、

送金に時間がかかったり、

手数料が高騰したりと言う

問題が出てきました。

ビットコインは

仮想通貨の元祖で

画期的なものでしたが、

多くの人が使うようになると、

その性能は決して十分なものでは

ありませんでした。

もともと

仮想通貨は、送金が早く、

手数料が安いというのが売り

だったのですが、

多くの人が使うようになって

性能の低さが露見し、

売りの部分が実現できなく

なっていったわけです。

多くの人が使っても

売りの部分を実現するために、

ビットコインのコミュニティでは

2つの性能アップ案が出てきました。

その2つはブロックチェーンの

ブロックを改良する案です。

>>>ブロックチェーンのブロックとは

●データ圧縮案

ひとつは

ブロックに入れるデータを圧縮して、

それまでのの1.7倍入れられるように

しようと言う案です。

そこで使われるのが

Segwitという技術です。

>>>Segwitについて詳しく

●ブロックサイズ拡大案

もう一つの案は

単純にブロックのサイズを

拡大しようというものです。

入れ物の大きさを大きくしようと

いうわけですね。

コミュニティが対立

ビットコインのコミュニティでは

2つの案それぞれの支持者たちの

対立が生まれました。

その対立には利害関係も

大きく絡んでいます。

結局のところ、

考えが折り合うことはなく、

ビットコインは分裂することに

なりました。

ビットコイン自体は

「データ圧縮案」

で改良することになり、

「ブロックサイズ拡大案」

の人たちは新たに

ビットコインキャッシュ

誕生させることになったわけです。

こうして2017年8月1日、

ビットコインと

ビットコインキャッシュ

分裂することになりました。

市場は高騰

分裂を前にビットコインは

高騰しました。

分裂する時点で

ビットコインを保有していれば、

自動的に同量の

ビットコインキャッシュ

与えられることになったからです。

分裂というと

価値が半分になりそうですが、

仮想通貨の世界では逆で、

それまでの分に加えて新たに

仮想通貨を得ることが

できるわけです。

>>>仮想通貨の分裂で儲かる?

当初は無価値とも言われたが

事実上、

ビットコイン保有者は

タダでビットコインキャッシュ

手に入れたことになります。

タダで手に入れた

ビットコインキャッシュ

果たして値段がつくのかどうか

については懐疑的な見方もありました。

当時は

ビットコインキャッシュは無価値」

とまで言う人もいました。

しかし、

フタを開けてみると

ビットコインキャッシュにも

ビットコインの10分の1ほどの

値段がつきました。

最高値の時には10分の4くらいまで

上がったこともあります。

そして現在、

ビットコインキャッシュ

時価総額で第4位の仮想通貨に

なっています。

この

ビットコインキャッシュの成功により、

ビットコインから次々と分裂コインが

生まれていきました。

ですが、今のところ

ビットコインキャッシュ以上の

成功を収めた分裂コインはありません。

ビットコインキャッシュも分裂

元々

ビットコインから分裂して生まれた

ビットコインキャッシュですが、

ビットコインキャッシュから分裂して

生まれた仮想通貨もあります。

それがビットコインキャンディです。

もっとも、

ビットコインキャンディは

ビットコインキャッシュ

基軸通貨とする取引所が、

ビットコインキャッシュ保有者を

集めるために意図的に分裂した

との見方もあります。

ビットコインの座を奪えるか

もともとビットコインから分裂し、

当初は「無価値」とまで言われた

ビットコインキャッシュですが、

現状は成功を収めています。

ここまでの成功を収めるには

それなりの理由があります。

説明を簡略化するために

ビットコインキャッシュは入れ物を大きくしただけ」

のような書き方をしましたが、

実はビットコインよりも

使い勝手がよくなるように

様々な工夫がなされています。

細かい話は割愛しますが、

もともとの仮想通貨の売りであった、

送金が早く、

手数料が安いという点を

より忠実に実現しているのは

ビットコインキャッシュの方でしょう。

そういう点が評価され、

Eコマースなどでは

ビットコインキャッシュの導入が

進んでいます。

ビットコインキャッシュを

前提とした技術も進化していて、

スマホを近ずけるだけで送金

できてしまうアプリも

開発されています。

また、

ビットコインキャッシュ

期待を寄せる企業も多く存在します。

日本のSBIグループもその一つです。

SBIグループは

ビットコインキャッシュ

マイニング事業に取り組んでいて

「数年内に世界シェア1位を取る」

と豪語しています。

今や

「使い勝手の良さ」

で高評価を得ている

ビットコインキャッシュが、

将来的に

ビットコインの座を奪う日が

来るかもしれません。

その可能性は

決しく低くはないと

私は思います。

Related Post