ビットコインは高い?1円から買えるのに高いですか?

ビットコイン高いなぁ・・」

そう思っていませんか?

ニュースなどで

取り上げられるときに、

「1ビットコインが240万円!」

などと言われるので

ビットコイン高い

というイメージを持つのは

ムリもありません。

でも、ビットコインは本当は

わずかな金額から買えるんです!

「え、どういうこと?」

という人のために、

やさしく解説します。

ビットコインは高い?

ビットコインは高い!→1円から買えます

結論から言ってしまうと、

ビットコインは1円から買えます。

高いと思っていたビットコインが、

1円から買えるって

ビックリしますか?

ビットコインの投資には

大金は必要ありません。

ごくごくわずかな金額から

投資できるんです。

株やFXなどの投資と違って、

何万円も必要ありません。

では、

そのカラクリを説明します。

ビットコインの最低取引単位

ビットコインの単位は

「BTC」

です。

「1BTC=100万円」

などのように使います。

ところが、

ビットコインの最低取引数量は

0.00000001BTC

です。

カンタンに言うと

一億分の一の単位で

取引できます。

ということは、

「1BTC=100万円」

のとき、最低取引単位だと、

0.01円です。

1円の百分の一の一銭です。

つまり、一銭単位で

取引可能ということですね。

ビットコインは高い?

取引所ごとに最低取扱数量は違う

この最低取引数量は

ビットコインの決まりです。

ただ、

実際にビットコインを買うには、

取引所で買わなければなりません。

取引所によって

最低取扱数量は違います。

これは仕方がないですね。

取引所も企業ですから、

あまり細かい単位で取引されると、

儲けが小さくなってしまいます。

たとえば「Zaif」の場合、

最低取扱数量は「0.0001BTC」

となります。

さっきの

「1BTC=100万円」

の時で考えると100円です。

一方で「bitFlyer」では

「0.00000001BTC」

最低取引数量が

そのまま最低取扱数量です。

つまり、

一銭単位で買えるわけですね。

546satoshi以下は送金不能

ここで注意点が一つ。

ビットコイン

最低取引数量である

「0.00000001BTC」

のことを

「1satoshi」

と言います。

ビットコインの仕組み上、

546satoshi以下の金額は

送金できません。

つまり、送金することを考えると、

さっきの例の

「1BTC=100万円」

の場合、

「5.46円以下」

は送金できません。

ビットコインは取引所に

預けるのではなく、

手元のウォレットで管理すべき

なので、これは覚えておく

必要があります。

>>>仮想通貨のウォレットとは?

ビットコインは高い?

ビットコイン高い

というのは、正しくもあり、

間違いでもあります。

たしかに、2017年12月につけた、

「1BTC=240万円」

などを思い起こせば

高い」というイメージを

持つのもムリはありません。

しかし、

ビットコインはまだまだ

高くなる可能性を秘めています。

2020年には、

「1BTC=1億円」

になると予言している

仮想通貨界の有名人もいます。

>>>ビットコインは何倍になる?

将来どうなるか、

確定的なことは誰にも

わかりませんが、

一時期60万円代に暴落した

あとも、現時点(2018年2月)で

100万円まで戻しています。

まだまだ、仮想通貨は

発展途上と言えるのです。