ビットコインをわかりやすく解説!初心者もナットク!

ビットコインについて知りたい」

わかりやすく解説してほしい」

2017年、ビットコイン

大きな話題となりました。

まったく無価値と思われていたものが、

240万円という高額で取引されるように

なったからです。

ビットコイン、なんだかスゴそう」

「でも、よくわからないや」

という人のために、

初心者向けのわかりやすい

解説をしていきます(^^)

ビットコインをわかりやすく解説!

ビットコインというと、

なんだかわからない、

アヤシイものと思っている人が

大半だと思います。

その理由は、2014年に起きた、

マウントゴックス事件のせいでしょう。

>>>マウントゴックス事件

あの事件のせいで、

ビットコインそのものに、

マイナスのイメージが

ついてしまいました。

でも、あの事件の本質は

ビットコインを扱う

「取引所」

の問題であって、

ビットコインそのものに

問題があったわけではありません。

だからこそ、2017年には

高額で取引されるようになりました。

では、

ビットコインとはどういうものかを、

わかりやすく解説していきます。

ビットコインわかりやすく

ビットコインは仮想通貨(暗号通貨)の一種

ビットコイン

仮想通貨(暗号通貨)の一種です。

日本では、

仮想通貨という呼び方が

浸透していますが、

英語では「Crypto Currency」。

直訳すると、暗号通貨です。

世界で初めてできた

暗号通貨がビットコインです。

ちなみに、ビットコイン以外の

暗号通貨を

「アルトコイン」と呼びます。

>>>アルトコインとは?

インターネット上にしかない通貨

ビットコインインターネット上に、

データとしてのみ存在します。

普通の通貨のように、

紙幣や貨幣もありません。

形のないデータそのものです。

そしてそのデータが暗号化

されているので、

暗号通貨と呼ばれるわけですね。

通貨?ただのデータでしょ?

「インターネット上のデータでしかないのに、どうして通貨なの?」

こんな疑問を持つ人は多いでしょう。

でも、実際に現時点で、

ビットコインで決済できる店舗は、

日本に6000軒以上あります。

そのお店では、代金の支払いに

ビットコインが使えます。

確かに「通貨」として

使われているわけですね。

ビットコインわかりやすく

信用する人がいるから通貨

では「通貨」とはなんでしょう?

どうして日本円は

通貨として使えるのでしょうか?

それは、

「価値を認めて、信用している人がいるから」

です。

たとえばボクが、

紙に100万円と書いて、

それを信用してくれる人がいれば、

その二人の間では、その紙が

「通貨」としての意味を持ちます。

もちろん、そんな人は現れませんが(笑)

でも、要するに

「信用している人たち」

の間では通貨としての役割を

果たすことができます。

日本は安定した国なので、

国が発行した日本円は

日本の中で信用され、

通貨として使えます。

でも、日本の一万円札を、

外国で使うことはできませんね。

それは、その国の人たちが、

その一万円札を

「信用できない」

からです。

外国の人にとっては、

偽札かもしれないし、

本当に価値があるのか

わかりません。

だから、「通貨」として

使えないわけです。

ビットコインが信用される理由

ビットコインが通貨として

使われるのは、

信用があるからです。

なぜ信用されるのでしょうか?

それは、ビットコイン

偽造されたりしない

仕組みがあるからです。

たとえば中国では、

銀行のATMから偽札が

出てくることがあるそうです。

なので、中国の国民は、

中国のお金である人民元を

あまり信用していません。

それよりも、偽造されない

ビットコインの方を

信用するわけですね。

日本に住んでいると

実感が湧きませんが、

自国の通貨が信用できない

という国は、

世界にはたくさんあります。

ビットコインがじょじょに

高くなっていったのは、

人民元を信用していない中国人が、

代わりにビットコインを大量に

買っているからと言われています。

ビットコインわかりやすく

ビットコインが注目される理由

「偽造されないから信用されるのは分かるけど、どうしてあんな高い値段がつくの?」

そう思われる人も多いでしょう。

ここでも、

ビットコインの特徴が出てきます。

ビットコインは便利

まず一つ目は、その便利さです。

ビットコインの便利な点は

たくさんあります。

●世界中で使える

ビットコインは両替の必要なく、

世界中で使えます。

もちろん、

「信用している人たちの間では」

という条件付きですが。

たとえばアメリカに行って、

買い物をする時でも、

ドルに両替する必要はありません。

ビットコインのままで使えるわけです。

●カンタンに送金できる

ビットコインを誰かに送ろうと

思ったら、その人にメールを出す

感覚で、カンタンに送金できます。

日本円なら振込などで銀行を通す

必要がありますが、ビットコインでは

そんな必要はありません。

相手が外国の人でも同じです。

ビットコインわかりやすく

●持ち運びが便利

ビットコインはデータなので、

持ち運びに便利です。

普通の財布には入らないような

大金でも、カンタンに持ち運べます。

持ち運びには「ウォレット」という、

これまた電子的なお財布に

入れて持ち運びます。

>>>ウォレットとは?

便利な点はまだありますが、

わかりやすい点は

こんなところでしょうか。

法定通貨より信用される国も

先ほども書きましたが、

自国の通貨よりもビットコインの方が

信用できるという国はたくさんあります。

偽札の心配だけではなく、

「インフレが起きない」

という点でも、信用されています。

国の経済が悪くなって、

ハイパーインフレが起こると、

100万円が100円の価値しか

なくなることも起こり得ます。

たとえば何年か前には、

ジンバブエでハイパーインフレが起こり、

「100兆ジンバブエドル」が

発行されたりしました。

ビットコインは総発行量の上限が

決まっているので、

インフレは起きません。

そういう点でも、ビットコインの方が

信用できるとも言えます。

ビットコインわかりやすく

投資対象として

便利で信用できるとなれば、

ビットコインに人気が出ます。

ところが、

総発行量が決まっているので、

金(ゴールド)と同じで、

みんなが欲しがれば値段が上がります。

なので、ビットコインを投資対象

としてとらえることもできるわけです。

むしろ、ビットコインの高騰を

支えているのは、投資対象として

有望だからという点が

最も大きいでしょう。

「億り人」などの言葉が

話題になるように、

投資対象としてとても魅力的です。

ビットコインをはじめとする

仮想通貨の技術は、

インターネットが広まった時の

ようなイノベーションとなる

考えられています。

おそらく仮想通貨市場は

まだまだ右肩上がりで

成長するはずです。

>>>仮想通貨投資はもう遅い?

ビットコインはどこで買える?

ビットコインについて、

よくわからなかった人も、

だんだん興味が出てきたのでは

ないでしょうか?

興味が出てきたら、

少額でも買ってみることを

オススメします。

仮想通貨はスゴイ技術なので、

今後の世界を大きく変えてゆきます。

これから仮想通貨の知識は、

必須のものとなるでしょう。

でも、株を持っていない人が、

株価に興味がないように、

自分で持っていないと、

興味をもって勉強してみる気が

起きません。

なので、ビットコインなら

数百円から買えるので、

自分で買って持ってみることを

オススメします。

>>>仮想通貨はいくらから買える?

買うときには、

「取引所」

というところで買います。

証券会社で株を買うのと同じです。

口座を開くのもカンタンにできます。

ビットコインわかりやすく

日本の取引所

日本には、「取引所」が

現時点で30社ほどあります。

取引所を選ぶうえで、

重要視したいのが、

「金融庁」へ登録してある

業者かどうかです。

2017年の9月にやっと

登録業者が発表されました。

仮想通貨の取引所も、

今後少しずつ整備されていくと

思いますが、中には倒産などの

リスクのある取引所もあります。

余計なリスクを負わないためにも、

金融庁の登録業者を選ぶことを

オススメします。

見分け方はカンタンで、

ホームページに、

「財務局登録 第○○号」

とか書いてあります。

あるいは金融庁のホームページでも、

登録業者が公開されていますので、

それをチェックしてみてもいいでしょう。

Related Post