リップル一覧

リップルだけじゃない!SBIの仮想通貨戦略は知らないと損

リップルとSBIグループは非常に深い関係にあります。リップルを語る上でSBIグループを無視することはできません。一方でSBIグループは仮想通貨全体にとっても大きな存在感を持ちます。リップルとSBIの関係やSBIの仮想通貨への取り組みなどをまとめていますので参考にしてください。

リップル(XRP)2020年の価格は1万円?10万円?

リップル(XRP)の2020年の価格は?つい先日暴騰を見せたリップル(XRP)ですが、2020年段階での価格予想も様々です。xRapidの商用利用も始まり、着々と足場を固めているリップル(XRP)。今回は2020年のリップル(XRP)の価格予想についてまとめてみました。

リップル(XRP)の上限価格7万4000円の根拠とは?

リップル(XRP)の上限価格が7万4000円というのは本当か?リップルの上限価格はたびたび話題になります。当面の使用用途が明確なため、試算しやすいからです。リップルの上限価格7万4000円の根拠とその信頼性について解説していますので参考にしてください。

リップル(XRP)がAmazon(アマゾン)と提携?5月25日を待て

リップル(XRP)とAmazon(アマゾン)が業務提携する?ここのところ、リップル界隈をにぎわせている話題です。AmazonやGoogle、Appleと仮想通貨の提携話はもはや仮想通貨界の風物詩とも言えます。いずれはリップルとAmazonの提携はあるでしょうが、果たしてこの5月なのか?興味は尽きません。

リップルはガチホが最強?今からガチホ戦略で儲かるのか

リップルはガチホが最強の戦略?多くのリップラーがリップルのガチホ戦略を勧めています。ただのポジショントークのようにも見えますが、リップルの野望と現実的戦略を知るとガチホ戦略にも納得がいきます。では、仮想通貨投資家が今からガチホ戦略をとって儲かるのでしょうか?

リップル(XRP)の適正価格は?結局いくらになるのか?

リップル(XRP)の適正価格はいくらなのか?リップラーでなくとも気になる話題ですね。リップル(XRP)は使用目的が明確で総発行量も決まっているため、適正価格を試算しやすい仮想通貨です。ripple社が第一目標である国際送金事業で成功を収めた場合の適正価格を試算してみました。