仮想通貨大暴落でも強いのはやっぱりあのコイン!?

今週2018年11月14日、

仮想通貨大暴落しました。

昨年の今頃とは真逆の様相です。

ビットコインは

節目と思われていた5600ドルを下回り、

日本の取引所では一時的に60万円を

下回ったところもあったようです。

>>>ビットコイン価格を下支えするのは

イーサリアムは2万円を割り込み、

ビットコインキャッシュは

最大の下げ幅となりました。

年明けから続く下落相場は

いつまで続くのでしょう。

年末には市場高騰の噂もありましたが、

ここへきて期待できなくなってきました。

仮想通貨大暴落!理由は?

仮想通貨大暴落

理由についてはいろいろ言われています。

ビットコインキャッシュのハードフォーク

以前の記事で紹介したとおり、

ビットコインキャッシュは分裂しました。

>>>ビットコインキャッシュ分裂か

直前まで不透明感が漂い、

ハッシュパワー戦争の結果、

分裂したわけですが、

マイナー主導の混乱が市場に嫌気を

もたらしたとも言われています。

IMFラガルド専務理事の発言

IMFのラガルド専務理事が、

「中央銀行発行デジタル通貨の可能性を検討するべきだ」

と発言したことも要因の一つとして

挙げられています。

この発言は、

分散型統治を基調とする仮想通貨

終焉を予感させる発言です。

中央銀行が仮想通貨を発行すれば、

基本的にステーブルコインとなります。

>>>ステーブルコインとは

仮想通貨が現実世界に浸透していく力には

なるわけですが、ステーブルコインでは

基本的に値動きがなくなりますから、

投資対象としては魅力がなくなります。

米株式市場下落による投資家心理の冷え込み

アップル社のiphoneの新機種販売不振

による業績低下を皮切りに、

米国の株式市場ではダウ平均の下落が

続きました。

世界経済の指針とも言える

米株式市場の下落によって、

先行きに不安がつのり、

投資家心理が冷え込んだことも

原因の一つと見られています。

大暴落でも強いのはリップル(XRP)

大暴落した仮想通貨市場ですが、

そんな中でも強さを見せているのが

リップル(XRP)です。

やはり大暴落に巻き込まれ、

一時10%以上下落しましたが、

その後の戻りが早いです。

この記事執筆時点では、

大暴落した今週の相場の中でも

唯一価格が伸びています。

ついには時価総額ランキングでも

イーサリアムを抜いて

2位に浮上しました。

仮想通貨大暴落

リップル(XRP)の強さは、

営業力と戦略に優れ、

もっとも実需に近い仮想通貨

見なされているからでしょう。

>>>リップル(XRP)は野心的かつ現実的コイン

もちろん

回復が早いのにも材料があります。

今回で言えば、

アメックスとUKサンタンデール銀行が

RippleNetを使ってアメリカ-イギリス間の

企業間送金を行うというニュースが

きっかけではないでしょうか。

リップル(XRP)だけは次々と

良いニュースが発表され続け、

年末の価格予想を達成するかもしれません。

>>>リップル(XRP)の2018年末価格予想

期待したいところですね。

Related Post