仮想通貨と電子マネーの違いは?違いを初心者向けに解説

仮想通貨電子マネー違いは?」

近年、仮想通貨はニュースなどでも、

取り上げられる機会が多くなましたね。

2017年は仮想通貨元年などと

騒がれました。

一方で、生活の中に

浸透しつつある電子マネー

交通系の「Suica」や「Pasmo」、

買い物系の「WAON」や「nanaco」

など、どれか一つくらいは

もっていたり、使ったことが

あるかもしれません。

仮想通貨電子マネーも、

価値を電子化したものという点

では同じですが、

両者には違いがあります。

この違いが、

仮想通貨初心者には、

わかりにくいと思います。

できるだけやさしく、

実感できるように

説明してみたいと思います。

仮想通貨と電子マネーは何が違う?

電子マネーを使ったことがある人なら、

小銭を扱う必要がなかったり、

ポイントがついておトクだったりと、

その便利さは実感していることでしょう。

一方で、新しく出てきた仮想通貨

まだまだ実際の生活の中で

使う機会は少なく、

なんだか電子マネーとの違い

わからない人が大半だと思います。

それぞれの特徴を見ながら、

違いを説明していきます。

電子マネーの特徴

仮想通貨と電子マネーの違い

電子マネーの特徴というと、

・日本円をカードやスマホにチャージして使う
・提携先以外では使えない
・他人に送金することはできない
・使わなければ価値は変動しない

といったところでしょうか。

電子マネーはあらかじめ

専用の端末で、日本円を

「チャージ(入金)」

して使います。

使うときも専用の端末に、

カードやスマホをかざして

「ピッ」と読み取らせることで

使った金額の分減額されます。

便利ですが、

提携していないところ

では使えません。

セブンイレブンの

「nanaco」をローソンで

使うことはできません。

また、友達が同じ「nanaco」を

持っているからと言って、

チャージしてある金額を

友達の「nanaco」に移すことは

できません。

そして1000円分チャージしたら、

使わなければいつまでも

1000円分の価値は変わりません。

ここで大事なのは、

電子マネーは日本円がベースに

なっていて、現金を持っているのと

基本的に変わらないというところです。

仮想通貨の特徴

仮想通貨と電子マネーの違い

次に仮想通貨の特徴はというと、

・取引所で買ったり、人からもらったりして手に入れる
・用途は限られない(相手が対応していれば)
・インターネットを介してやりとりする
・価値が変動する

といったところです。

本当はまだまだありますが、

電子マネーとの対比で考えた

場合の特徴です。

取引所で買う際には

日本円で買いますが、

アメリカの友人から

銀行も介さずに直接送金

してもらうことも可能です。

使うときは、

相手が対応してさえいれば、

用途は限定されません。

飲食代として払うこともできれば、

電気代や家賃として払うこともできます。

また、使わなくても、価値が変動します。

外国為替のように、

例えば1ビットコインの価値が、

日本円で100万円になったり、

200万円になったりします。

まさに通貨としての

特徴を持っています。

日本円などの法定通貨との違いは、

発行元や運営主体がないことです。

仮想通貨と電子マネーの違いまとめ

仮想通貨電子マネー違いを、

わかりやすく表にまとめてみました。

電子マネー 仮想通貨
発行元 日本円なので日本政府 特定の発行元はない
使い道 国内の提携先のみ 世界中なんにでも
価値変動 ない ある
送金 不可能 可能

だいぶイメージしてもらえたでしょうか?

それぞれを一言で表すなら、

電子マネーは入金できるプリペイドカード」

仮想通貨は国を超えて使える世界通貨」

といったイメージです。