仮想通貨のハードフォークを図入りでわかりやすく解説

仮想通貨ハードフォークって?

仮想通貨について調べていくと

ハードフォークという言葉に

ぶつかることもあると思います。

直近ではビットコインキャッシュが

ハードフォークにより分裂しそうですね。

>>>ビットコインキャッシュ分裂か

ハードフォークによる

仮想通貨の分裂は法定通貨にはない

概念ですのでわかりにくいですね。

今回は仮想通貨特有の

ハードフォークと言う概念について

わかりやすく書いてみたいと思います。

仮想通貨のハードフォークとは

仮想通貨のハードフォークとは

ハードフォークのフォークとは

もともと食器のフォークのことです。

フォークは先が枝分かれしていますよね。

ブロックチェーンが枝分かれする

ことから食器のフォークに見立てて

名付けられたようです。

ブロックチェーンの仕組みについては

過去記事を参考にしてください。

>>>ブロックチェーンの基本的な仕組み

ハードフォークとかソフトフォークとか

分裂とか結局どういうことなのか。

仮想通貨

コンピュータ上のソフトウェア

ですから結局はソフトウェアの

アップデートのことです。

パソコンやスマホでも

ソフトウェアがアップデートするように

仮想通貨性能や使い勝手の向上を

狙ってアップデートするわけです。

このとき、

旧仕様と新仕様との間に

互換性があるものを

ソフトフォークアップデート、

互換性がないものを

ハードフォークアップデート

と言います。

仕様というのは仕組みと同義語と

思ってください。

仮想通貨の分裂が起こるハードフォーク

まずは仮想通貨分裂する

ハードフォークです。

大きな話題になるのは

このパターンです。

ハードフォーク

旧仕様と新仕様との間に

互換性がないアップデートです。

このとき、新仕様に不満があり、

旧仕様のまま使い続ける人が

いたらどうでしょう?

そうです。

仮想通貨の分裂が起こる

わけです。

図のようなイメージです。

仮想通貨のハードフォークとは

分裂した仮想通貨互換性がないので、

それ以後別のブロックチェーンとして

それぞれが存続します。

つまり新しい仮想通貨が生まれる

わけですね。

もとの仮想通貨の名前を

どちらが名乗るのかは

その時によって異なります。

新仕様もイヤだけど、

旧仕様のままもイヤだという人たちは

更に別の仕様を作って

ハードフォークし、

分裂することもあります。

仮想通貨の分裂が起こらないハードフォーク

次に仮想通貨分裂が

起こらないハードフォークです。

その仮想通貨

アップデートにおいて、

誰も不満がなければ、

みんな新しい仕様の仮想通貨

使うようになります。

そうなると、

新しい仕様のブロックチェーンのみが

存続しますから、分裂は起こりません。

図のようなイメージですね。

仮想通貨のハードフォークとは

ソフトフォーク

ソフトフォークは

旧仕様と新仕様との間に

互換性があるアップデートです。

互換性があるので、

旧仕様のブロックと

新仕様のブロックが

つながることができ

1本のブロックチェーンになります。

図のようなイメージです。

仮想通貨のハードフォークとは

ソフトフォークを

もはやフォークと呼ぶべきかどうかは

議論の余地があるところでしょう。

ハードフォークに対する意味の言葉

として存在しているぐらいに

覚えておけばよいかもしれません。

ハードフォークによる仮想通貨の分裂

仮想通貨の世界では

ハードフォークによる分裂は

珍しくありません。

分裂しないハードフォーク

よく行われています。

たとえば2018年5月にも

ビットコインキャッシュは

ハードフォークアップデート

しましたが、

この時は分裂しませんでした。

先ほどの説明では

使う人の好みのように言いましたが、

多くの場合、

マイナーや開発コミュニティの

考え方が対立すると分裂するし、

対立がなければ分裂しません。

マイナーという言葉の意味については

過去記事を参照してください。

>>>仮想通貨のマイニングって?

ハードフォークによる分裂で

大きく話題になったものの例を

あげましょう。

●イーサリアムとイーサリアムクラシック

仮想通貨

ハッキング事件をきっかけに

分裂したのがイーサリアムと

イーサリアムクラシックです。

ハードフォークアップデートによって

ハッキング事件そのものを

なかったことにしようという人たちが

今のイーサリアムを作りました。

それに対して、

ハッキング事件を受け入れてでも

元の考え方を守りたいと思った人たちが

イーサリアムクラシックを名乗りました。

この分裂劇については過去の記事も

参考にしてみてください。

>>>The DAO事件によってイーサリアムが分裂

●ビットコインとビットコインキャッシュ

ビットコインが世に知られ始め、

みんなが使うようになると、

性能が追い付かなくなってゆきました。

具体的には

送金に時間がかかったり、

送金手数料が高騰したり

といった問題が出てきました。

これを

スケーラビリティ問題と言います。

このスケーラビリティ問題を

解決する方法として、

2つのアップデート案が出され、

その2つの案の間で対立が起き、

結局分裂してしまったのが

ビットコインとビットコインキャッシュです。

詳しくは過去記事を参考にしてください。

>>>ビットコインキャッシュの誕生

ハードフォークによる分裂で儲かることも

仮想通貨が分裂すると、

もともとその仮想通貨を持っていた

人たちに新しく生まれた仮想通貨

配布されることがあります。

たとえば

先述のビットコインと

ビットコインキャッシュの分裂のとき、

1BTC持っていた人には1BCHが

タダで配布されました。

今やビットコインキャッシュも

数万円の価値を持つわけですから、

大きく得をした人たちも

大勢いるわけです。

次の過去記事も参考にしてください。

>>>仮想通貨の分裂で得をする?

ハードフォークによる分裂が決定すると、

たいていの場合、分裂前に

その仮想通貨の価格が高騰します。

分裂後は価格が下落することも多いので、

必ず得をするとは言い切れませんが、

うまくすると儲けることができます。

ハードフォークの話題には

自分のアンテナ感度を高くして

チャンスは逃さないようにしましょう。

Related Post