仮想通貨投資は副業?バレない方法とバレた時の対処法

仮想通貨投資は副業か否か。

仮想通貨投資に興味があっても、

会社が副業禁止なので気にして

踏み出せない人も多いと思います。

もったいないですね。

仮想通貨投資は今後間違いなく

伸びていく成長市場です。

インターネット登場以来の

一大イノベーションの波が

そこまで来ています。

このビッグウェーブに

乗っておかないのは

本当にもったいないです。

>>>仮想通貨投資は2020年にはどうなる?

副業にあたるか心配で

始められない人は、

この記事を読んで安心して

仮想通貨投資を始めてください。

仮想通貨投資は副業か?

仮想通貨投資は副業か

結論から言いますと、

仮想通貨投資は

いわゆる会社規定で禁止されている

副業には当たりません。

例えばアナタの会社には

株式投資やFX、不動産投資を

やっている社員は

全くいないでしょうか?

たぶんいると思います。

いても言わないだけです。

いわゆる投資行為は

会社規定の副業には当たりません。

いまどき副業禁止が法律に

明文化されている公務員でも

投資はやっています。

公務員の方も安心して

仮想通貨投資を始めてください。

●副業ではないが、本業に影響したらアウトの可能性

いわゆる投資行為が

会社規定の副業に当たらないのは、

本業に影響しないならという

但し書きがつきます。

勤務時間中に

しょっちゅう席を外して

仮想通貨のトレードをしていたら、

間違いなく副業と見なされます。

ときどき公務員の人が

株式投資やFXに

夢中になってしまって、

勤務時間中もトレードを

繰り返していたのがバレて、

懲戒を受けるというニュースが

流れますね。

ああいうのはマズイです。

しかし、

勤務時間外の投資行為なら

何も問題はありません。

私の弟は会社の知り合いから

話を聞いて

不動産投資をやっています。

弟の務めている会社は外資系なので

そもそも副業禁止の規定が

ないわけですが、

日本もいい加減こんな規定は

なくすべきだと思います。

勤務時間外に何をしようと

個人の自由ですよね。

そう思いませんか?

仮想通貨投資は副業か

会社にバレない方法とバレた時の対処法

そうは言っても、

やっぱり何かと会社には

バレたくはないと思います。

●会社にバレない方法

まず、

年間利益が20万円を超えないなら、

確定申告の必要もないので

バレることはありません。

年間利益が20万円以上なら

確定申告をしなければなりませんが、

その際に住民税の支払い方法を

「自分で納付(普通徴収)」

にしておけばバレません。

e-Taxではデフォルトでは

「給与から差引き(特別徴収)」

になっているので、

これを変えておけばOKです。

仮想通貨投資は副業か

バレる要因とというのは

「給与から差引き(特別徴収)」

になっていて、

会社の経理が給料から

住民税の差引きを計算する時に、

「なんか住民税が高い!あのひと他で収入がある!」

と気づくからです。

「自分で納付(普通徴収)」

にしておけば、

住民税の請求が会社に行くことは

ありません。

実際、

私は数年間FXをやっていて、

そこそこの利益を得ていましたが、

この方法で会社にバレることは

ありませんでした。

●マイナンバーでバレないの?

マイナンバーでバレるんじゃないかと

心配している人もいると思いますが、

これもバレません。

基本的にマイナンバーで

ある人の収入を調べるというのは

政府にしかできません。

●バレた時の対処法

もしバレたとしても、

アナタが仮想通貨で儲けたのか

どうかまでは会社にはわかりません。

バレて理由を聞かれたら

「親族の財産を相続して売却したので」

ぐらいに答えておけば大丈夫です。

●ふだんの行動は大切

バレない方法や

バレた時の言い訳も大事ですが、

ふだんのアナタの行動の方が大切です。

ふだんから本業の業務を

おろそかにせずにやっていれば、

もしバレて

仮想通貨投資で儲けました」

と言っても、

それほど問題にはならないでしょう。

これが、

本業に支障をきたすほどになると、

バレたときに大問題に

発展してしまいます。

●自分の行動が心配な人は積立投資がオススメ

投資初心者は

投資を始めるとどうしても

値動きが気になってしまいます。

とくに自分でトレードをしていると

そうなります。

自分の行動からバレてしまったり、

本業に支障がでるのが怖い人には、

積立投資がオススメです。

とくにZaifの「コイン積立」は

完全自動でやってくれますので、

自分が投資していることを

忘れてしまうほどです。

>>>仮想通貨の積立投資

脱税だけは絶対ダメ!

上でも書きましたが、

年間20万円以上の利益が出ると、

確定申告をし、

税金を納めなければなりません。

これを怠ると

最悪の場合脱税で逮捕

という話になります。

おそらく会社もクビになるでしょう。

訓告や始末書レベルではすまないはずです。

誤解している人が多いのですが、

仮想通貨で別の仮想通貨

買った場合でも、

利益が出ていれば

申告の対象に見なされます。

日本円に換金しなければOK

と言うわけではありませんので

注意が必要です。

正しい知識でどうどうと

仮想通貨投資で儲けましょう。

Related Post