仮想通貨投資は儲からない?初心者が犯すミス5点

仮想通貨投資儲からないじゃん(泣)」

と嘆いていませんか?

仮想通貨元年と呼ばれた2017年から、

仮想通貨投資を始める人が

格段に増えました。

しかし、

間違った方法で投資を行えば、

儲からないばかりか、

一発退場して借金まみれに

なることもあるのが投資です。

「はじめてみたけど儲からない

という人は、

自分の投資方法が間違っていないか、

チェックしてみましょう。

仮想通貨投資は儲からない?

仮想通貨投資は儲からない?

仮想通貨の市場は

長期的に見れば

右肩上がりの市場です。

方法を間違わなければ、

儲けるチャンスは

いくらでもあります。

儲からない人には特徴があります。

自分が当てはまっていないか

自己チェックしてみてください。

儲からない仮想通貨投資法その1-雰囲気で売買-

銘柄選びや売買のタイミングを

雰囲気で行っていませんか?

「ツイッターで誰かが儲かると言っていた」

「勧めているブログ記事を読んだ」

など、他人まかせの投資では

儲かりません。

そのコインの特徴や性能などを

調べたうえで投資対象を決め、

売買のタイミングも

自己判断で決めましょう。

仮想通貨投資は、株などと違って、

風説を流布することも

禁止されていません。

「あの人が上がると言っていた」

としても、

単なるポジショントーク

であることがほとんどです。

他人まかせの投資ではなく、

自分の判断を大事にしましょう。

そのためには、

自分なりのルールを

作ることが大事です。

仮想通貨投資は儲からない?

儲からない仮想通貨投資法その2-集中投資-

たとえば、

ビットコインが上がりそうだから

と言って、投資金額全てを

ビットコインにつぎ込むという

方法は良くありません。

仮想通貨は変動する値幅が

大きいのが特徴です。

それこそ、ビットコインであれば

毎日のように数万円の変動があります。

単一のコインに目いっぱい

投資してしまうと、

毎日の値動きに翻弄されて、

冷静さを失います。

冷静さを欠いた投資は必ず失敗します。

儲からない仮想通貨投資法その3-最初からFX-

仮想通貨投資では

FX(証拠金信用取引)も行えます。

FXの特徴は、少ない資金で

大きな取引を行える点です。

当たればハイリターンを得られますが、

はずれれば大きな損失をこうむります。

投資額を上回る損失を

こうむることも

珍しくありません。

常にチャートを監視し、

資金も豊富で、損切りも冷静に

行えるようなプロのトレーダー向けの

投資方法です。

仮想通貨投資の初心者の

ほとんどは、そんな状況ではない

と思います。

FXでの超短期トレードなどには

手を出さないようにしましょう。

仮想通貨投資は儲からない?

儲からない仮想通貨投資法その4-HYIP詐欺-

仮想通貨市場は拡大中の市場ですが、

それゆえに、いろいろな詐欺手法が

横行しています。

2017年前半には「日利1%」などを

うたい、多額の資金を集めた

「D9クラブ」

というHYIP(高利回り投資)案件が、

流行しましたが、

結局は破たんしました。

だいたいこの手の詐欺の言うことは

決まっています。

「必ず儲かる」

「今やらないと損する」

などです。

ICO案件でも、詐欺と思われるものが

少なくありません。

ホワイトペーパーがなかったり、

運営する会社が確認できなかったり

するものは、ほとんど詐欺です。

投資では「性善説」では

やっていけません。

とことん疑う目を持ちましょう。

儲からない仮想通貨投資法その5-宝くじ感覚-

最近話題の「億り人」ですが、

2017年12月のビットコインの

高騰を目の当たりにすると、

「一発当てて一攫千金を」

という思いになるのも無理はありません。

ありませんが、

それを再現しようとはしないことです。

具体的に言うと、

1円に満たないような草コインを

アレもコレもと買い集めて、

長期ホールドしておけば当たるかも

というような考えは捨てましょう。

もちろん当たる確率ゼロとは

言えませんが、草コインのうち、

将来的に生き残るものは

ホンのわずかです。

宝くじと同じように、

ほぼ捨て金になるのは

目に見えています。

草コインでも、

ちゃんと評価する眼を持ちましょう。

儲かるための最低限の知識

儲からない投資家」から

「儲かる投資家」に変身する

ためには、最低限の知識と、

投資ルールを持ちましょう。

投資金額を決める

最初に10万円とか、

毎月2万円と決めたら、

その投資金額を動かさないことです。

ありがちなのが、儲かってきたら、

「もっと儲けよう」と思って、

投資金額を増やし、

気がついたら生活費まで

つぎ込んでいたというパターンです。

投資はあくまでも、

余剰資金で行うべきです。

少しずつならいいだろうと思って、

投資金額を増やしだすと、

歯止めが効かなくなる場合が

ほとんどです。

半年なり1年なり経ってみてから、

投資金額を見直すのはいいですが、

いつの間にか熱くなって

限度額を超えてしまうような

ことは避けましょう。

もちろん、

儲かった金額を再投資

するのは有りですが、

常にリスクと相談しながら、

冷静に行動しましょう。

仮想通貨投資は儲からない?

中長期で投資する

仮想通貨投資は成長市場です。

投資方法を間違わずに、

波に乗っていければ、

それだけで利益を得ることが

可能です。

ですから、

常にチャートに貼りついて

いないとできないような

短期投資(スキャルピングなど)

はやめましょう。

短期的に儲ける可能性は

ありますが、

損する可能性も大きいです。

それよりも、将来性の高い案件を

見極める目を養いましょう。

分散投資

将来性が高いと判断しても、

1銘柄に集中投資するのは

やめましょう。

現在1500種類以上あると

言われる仮想通貨ですが、

将来残っていくものはわずかです。

集中投資すると、

その銘柄がポシャれば終わりです。

投資の世界では常識である、

分散投資によって、

そういうリスクを軽減して

おきましょう。

仮想通貨投資は儲からない?

利確ラインを決める

どんなに将来性のある仮想通貨でも、

無限に値が上がるものはありません。

仮想通貨の種類はどんどん

増えていきます。

ある時点で有望だった仮想通貨も、

あとからさらに有望な仮想通貨

出てくることは十分に考えられます。

ビットコインの事例を知ってしまうと、

何百万倍などという途方もない夢を

持ちがちですが、

それはあきらめましょう。

ビットコインが出てきた頃と

現在では状況が違います。

適正な利確(利益確定)ラインを決めて、

そこに達したら、確実に利確できる

ようにしましょう。

利確ラインを決めるのに

有効なのが、時価総額です。

>>>参考サイト

価格×発行総数で時価総額が

決まりますが、現在ではすでに

この上位10位以内に食い込むことは、

よほどのことがない限り起きません。

そういった点から考えると、

利確ラインを決定することが

できると思います。

もし、利確後にラインを超えて

上がっていったとしても、

それはあきらめましょう。

相場の格言に

「頭とお尻はくれてやれ」

というものがあります。

後で振り返って参考にするのは

いいですが、深追いすると

おもわぬしっぺ返しを

食うことがあります。