仮想通貨で儲かる仕組み~手法と詐欺など気を付ける点~

仮想通貨初心者には、

仮想通貨儲かる仕組み

よくわからない人も多いでしょう。

儲かる仕組みを知っておくことは、

詐欺などの被害を避けるため

にも必要です。

仮想通貨自体の仕組み

知っておく方がさらに良いです。

>>>ビットコインの仕組み

仮想通貨儲かる仕組み

複数あります。

ぜひ知っておいて、

自分に合うものを選びましょう。

仮想通貨で儲かる仕組み

一般的な儲かる仕組みの他に、

仮想通貨初心者には

あまり聞きなれない

仕組みもあります。

仮想通貨の儲かる仕組み

儲かる仕組みその1:現物トレード

一番わかりやすい手法です。

取引所に口座を開設して

日本円を入金し、

そのお金で仮想通貨を買います。

買った時の価格より

高くなった時に

売れば儲かるわけです。

株と同じですね。

仮想通貨の場合は

価格変動の幅が大きい

(ボラティリティが高いと言います)ので、

短期的に大きく儲かることもあります。

もちろん損になることもあります。

株と違うのは、

ストップ高やストップ安がないので、

1日で何十%も価格変動する

ことがあります。

現物トレードにも株と同じく、

トレード手法として

スキャルピングやデイトレード、

長期保有などのスタイルがあります。

仮想通貨の世界では

長期保有を

「ガチホ」

などと言います。

●ICOという手法

株の世界でIPO(新規公開株)

というのがありますが、

仮想通貨でも似たものとして

ICOがあります。

取引所に上場する前に

仮想通貨を入手し、

上場後の値上がりを

期待するものです。

ICOも現物トレードの一種です。

>>>ICOについて詳しく

儲かる仕組みその2:FX(証拠金信用取引)

FXは

もともと外国為替取引のこと

ですが、そこで使われている

「証拠金信用取引」

と言う手法が

仮想通貨投資でも可能なため、

仮想通貨の証拠金信用取引も

FXと呼ばれています。

特徴は、取引所に

預け入れたお金(日本円)の

10倍、20倍にも当たる

仮想通貨の取引ができることです。

10万円預け入れて、

100万円分のビットコインの

取引をしたりできます。

そのため、

うまくいけば

大きく儲けることができます。

また、本来のFXや

株の信用取引と同じように、

「売り」

から始めることもできます。

投資初心者には

わかりにくいですが、

仕組みはこうです。

1.取引所から仮想通貨を借りて売る
2.価格が安くなったら買い戻して取引所に返す

わかりやすく価格と合わせてみてみると

1.取引所から1BTC借りて売る(1BTC=80万円だった)
2.価格が安くなった時(1BTC=60万円になった)買い戻して取引所に返す。

そうすると20万円儲かったことになります。

●FXはハイリスク・ハイリターン

基本的な仕組みだけを見ると

大きく儲かると思いがちですが、

FXの場合は強制ロスカット

という仕組みがあります。

値動きが大きくなると、

預け入れた証拠金の割合が

実際の取引量に対して

小くなりすぎると

強制的に決済されてしまいます。

仮想通貨

価格変動の幅が大きいので、

強制ロスカットをくらいやすいです。

強制ロスカットをくらうと、

預け入れた証拠金は

すべて没収され、

場合によっては多額の借金を

背負うこともあります。

FXでは

強制ロスカットをくらわないため、

レバレッジと呼ばれる倍率の管理や、

資金量の管理がむずかしいです。

どちらかと言うとプロ向けの手法で、

初心者にはオススメできません。

仮想通貨の儲かる仕組み

儲かる仕組みその3:マイニング

マイニングは

仮想通貨ならではの儲け方です。

仮想通貨

取引システムを維持するために、

コンピュータによる計算が

欠かせません。

1番に計算を終えた者には

報酬として

その仮想通貨がもらえます。

例えばビットコインの場合、

今のマイニング報酬は

12.5BTCです。

今日現在のビットコイン価格が

1BTC=70万円くらいなので、

12.5BTCというと875万円です。

●ビットコインを個人でマイニングするのは無理

話を聞くと

やってみたくなると思いますが、

現在では個人がビットコインを

マイニングするのは無理です。

今ビットコインのマイニングで

儲けているのはほぼすべて

中国のマイニング業者です。

体育館のような設備に

高性能のコンピュータを

何百台と並べて

マイニングの計算をさせています。

設備を動かすのは

大きな電力を必要とします。

中国は電気代が安いので

大規模にマイニングを行えるわけです。

●個人ならマイナー通貨かクラウドマイニング

個人でやるなら、

ビットコインのような有名で

報酬も高い仮想通貨ではなく、

マイナーな仮想通貨を選ぶか、

マイニング業者にお金を払って

マイニングしてもらうかの

どちらかです。

クラウドマイニング

と言うのは後者の方で、

少額の資金提供者を

たくさん募集して

お金を集めて、

大規模なマイニング設備を動かし、

報酬を分配するというものです。

>>>マイニング方法を詳しく

儲かる仕組みその4:レンディング

レンディングとは

「貸す」

と言う意味です。

持っている仮想通貨を業者に貸して、

業者はその仮想通貨を運用します。

そうすると貸した分の利息が

もらえて儲かるわけです。

まあ、

「定期預金」のようなものですが、

大きく違う点があります。

それは

仮想通貨のレンディングでは

値動きがあることです。

例えば

ビットコインを

レンディングする場合、

アナタはまずビットコインを

買わなければなりません。

仮に

1BTC=80万円の時に買って、

それを業者に貸すとします。

1年間貸して、

1.01BTCが返ってきたとします。

返ってきたときの価格が

1BTC=70万円なら、

1.01BTCでは70万7千円です。

差し引き9万3千円の損になります。

これはもちろん逆の場合も

起こり得ます。

返ってきた時に、

買った時より高くなっていれば、

利息以外に値上がり益も

得られるわけです。

仮想通貨詐欺に注意

仮想通貨はまだまだ黎明期なので、

法規制が追い付いていません。

なので、

詐欺案件も非常に多い

です。

注意するのは

「かならす儲かる投資」

など存在しないということです。

仮想通貨の儲かる仕組み

ICO詐欺

最も多いのはICO詐欺でしょう。

ICOによって集めたお金を持って

逃げてしまうパターンです。

約束された仮想通貨も発行されず、

もちろんプロジェクトも進みません。

最近は巧妙になって、

仮想通貨は発行され、

取引所に上場はされたが、

プロジェクトが進まないため、

値上がりどころか値下がりし続ける

というパターンもあります。

こういう場合、

詐欺の立証が難しく、

ほぼ泣き寝入りするしか

ありません。

ICO案件は95%詐欺だと

思っていた方が良いでしょう。

とくに

SNSで有名人が宣伝していたり、

セミナーなどで

買うまで帰してくれない

などの案件はほぼ間違いなく詐欺です。

ICOでは本物を見極める目

(知識や調査方法)が大事です。

高収益投資(HYIP)

ビットコインなど

仮想通貨で集めたお金を運用して、

高額の配当金を出すといって

騙す詐欺も多いです。

多くの場合、

ねずみ講のようなシステムを

とっています。

有名な所では

昨年前半に流行した「D9クラブ」

という南米発の詐欺がありました。

玉石混合の仮想通貨投資だが

仮想通貨投資はまだ歴史も浅く、

法規制も整っていません。

玉石混合の状態ですから、

確かな知識と冷静さで

投資に臨む必要があります。

一方で、現時点で

仮想通貨投資を検討しないのは、

大きな機会損失になるでしょう。

仮想通貨の技術は

インターネット以来の

一大イノベーションです。

2018年の現時点までは

低迷していますが、

5年後、10年後には

「あれは単なる調整局面だった」

と言われる時が必ず来ます。

とりあえず、

勉強のためにも

少額から仮想通貨を

買ってみるというのが

一番いいと思います。

Related Post