仮想通貨はもう終わりと思ったら読む記事【2018年版】

仮想通貨はもう終わり

仮想通貨市場の

下落・停滞が続いています。

年明けの大暴落から始まり、

コインチェック事件でまた下落。

ゴールデンウィーク時期に

やや回復基調になったかと思えば、

その後はほぼずっと下げ基調です。

いったいいつまでこの状態なのか。

ウンザリしますね。

そろそろ

仮想通貨はもう終わりなのでは?」

と思う人も出てくるでしょう。

仮想通貨はもう終わり?

仮想通貨の終わり

仮想通貨はもう終わり

そう思っている人は

きっと2017年の相場を基準に

見てしまうからそう思うのでしょう。

2017年後半の仮想通貨市場は

まさにバブルともいえる

お祭り状態でした。

ではその前はどうだったかというと、

ビットコインの歴史を

見ればわかるように、

高騰と暴落、そして停滞を

繰り返しながら成長してきました。

とくにマウントゴックス事件が

起こった時は、

「ビットコインはもう終わり

と言われ続けたようです。

>>>マウントゴックス事件とは

冷静になって

去年の今頃を思い出してみましょう。

去年の6月中旬、

ビットコインはまだ20万円ほどでした。

年末には大暴騰しましたが、

今年に入り暴落。

その後も上がってきたかと思えば

暴落しています。

この暴落ですが、

よく見ると70万円前後で止まっています。

それ以下にはなかなか落ちません。

去年の6月中旬の20万円と比較すると、

暴落したと思っても、

まだ3.5倍の価格なのです。

この意味は重要です。

昨年末の大暴騰のイメージが強すぎて、

長期的にみる視点を忘れがちですが、

冷静に長期で見ると

まだまだ成長中なのです。

ビットコインは

高騰と暴落・停滞を繰り返してきた

と言いましたが、

過去を振り返ってみれば

暴落と見えたものも

実は単なる調整局面であった

ことがわかります。

仮想通貨の終わりとは?

下落・停滞が続くとすぐ悲観論が出て、

仮想通貨はもう終わり

と言い出す人たちが出てきます。

ではもうちょっと具体的に

仮想通貨終わり

とはどういう時かを

考えてみましょう。

仮想通貨の正体は

ブロックチェーンという新技術です。

仮想通貨終わり」とは

結局はブロックチェーンよりも

更に優れた新技術ができた時です。

>>>ブロックチェーンとは

ケータイと言えば

昔はガラケーしかありませんでした。

そこにスマホという

優れた技術が出てきました。

スマホは瞬く間に

ガラケーを駆逐して、

今やケータイと言えば

スマホが常識です。

このように、

技術はさらに優れた技術が

出てくると廃れていきます。

ではブロックチェーンはどうでしょう?

それを超える技術が登場したでしょうか?

仮想通貨は始まったばかり

仮想通貨の終わり

仮想通貨を技術としてとらえると、

まだ始まったばかりです。

アルトコインの数こそ増えましたが、

それらはブロックチェーン技術の

応用への試みでしかありません。

言い換えると

まだまだ模索中

なのです。

振り返って投資としての

仮想通貨市場はどうでしょう?

つい先日、

SBIグループが手掛ける、

SBIバーチャルカレンシーズという

取引所がサービスを開始しました。

そして

yahooも新たな取引所を

開設する準備中です。

世界で見ても次々に

新しい取引所が

サービスを開始しています。

取引所以外にも、

新たなマイニングファームであったり、

仮想通貨を基軸とした投資商品が

上場されたりと、

新たな動きが次々に起こっています。

なぜそんな動きがあるのかと言えば、

仮想通貨がさらに発展していくことを

見越しているからです。

下落基調が続くと

悲観的になってしまいますが、

もっと長期的に見る目を持ちましょう。

仮想通貨市場は

昨年大きく成長したと言っても、

実はまだビル・ゲイツの

個人資産にも及びません。

まだまだ発展途上で

可能性しかないのが

仮想通貨市場なのです。

Related Post