仮想通貨の億り人は2017年に331人!?彼らの手法は?

仮想通貨億り人は331人。

2018年5月末に

2017年に仮想通貨億り人

なった人数が331人であるとの

報道がなされました。

仮想通貨元年と言われる2017年は

空前の上げ相場でした。

一転して

2018年はこれまでのところ、

大きな流れとしては

下げ相場が続いています。

この2、3日も暴落していますね。

億り人になった人たちは

どんな投資手法を

とったのでしょうか?

仮想通貨の億り人

仮想通貨の億り人331人は少ない?

億り人の人数が331人。

この数字を多いと見ますか?

それとも少ないと見ますか?

私は

「意外に多いな」

と思います。

この数字は2017年に

仮想通貨で確定利益が

1億以上だった人が

331人いたという意味ですね。

この

「確定利益」

と言うところに意味があります。

昨年の上げ相場では、

年末には暴騰ともいえる

値動きをしました。

ふつう、

人間の心理としては、

投資がうまくいっているなら、

それがそのまま続くと思いがちです。

そういう人たちが、

わざわざ高い税金を払うことが

分かっているのに、

利益を確定するでしょうか?

そう考えると、

この331人という億り人たちが

実は非常に珍しい人たちで

あったのではないかと思えます。

おそらく、

利益を確定しなかった

(したがって確定申告していない)

人たちが少なくとも数倍

いるだろうと思います。

中には

海外の取引所をメインに使っていて、

バレないだろうと申告していない人も

いるでしょう。

また、

億り人」は331人ですが、

1億には達しなかったけれども、

相当儲けた人も

かなりの人数いるはずです。

正確な人数は

もちろんわかりませんが、

ちょっとした上場企業の社員数

ぐらいの人数はいそうな気がします。

億り人の仮想通貨投資手法は?

仮想通貨の億り人

だれもが気になるのは

彼らの投資手法でしょう。

ぜひこの331人ひとりひとりに

インタビューしてみたいところですが、

それはさすがに無理ですね。

ただ、

ネット情報には

いくつかの手法が漏れ出していますね。

いくつか見てみましょう。

●ひたすらガチホ

2017年は空前の上げ相場でした。

ビットコインでも25倍

アルトコインなら

もっと上げたものもあります。

>>>2017年仮想通貨は何倍になった?

へたにトレードするよりも、

ひたすらガチホしていた方が

パフォーマンスは良かったでしょう。

●仮想通貨FX

仮想通貨FXでは、

手持ちの資金の何倍もの額の

仮想通貨をトレードし、

大きな利ザヤを稼ぐことができます。

これを繰り返せば、

利益は膨れ上がっていくでしょう。

2017年は仮想通貨FXでも、

大きな損失を出さずにすんだ

年と言えるかもしれません。

●アルトコインを次々乗り換え

2017年は

100倍を超える値動きをした

アルトコインがいくつもありました。

そういったアルトコインを

次々に乗り換え、

大きな利益を出していった人たちも

少なからずいたでしょう。

もちろんそのためには

情報収集が

何よりも大事になりますが、

プロのトレーダーなどは

もともと卓越した

情報収集能力を持っていますから、

株やFXから流れてきた人たちが

相当数いると思われます。

●ICO投資中心

>>>ICOとは

2018年になってからはICOでも

上場割れすることが多いですが、

2017年にはICOから10倍以上

と言う銘柄もたくさんありました。

そういったICO案件に

多数参加して大きな利益を

上げた人たちも多いようです。

後発組が取れる手法は?

仮想通貨の億り人

2017年の波に乗れなかった

後発組はどのような手法を

取るべきでしょうか?

●積立投資

2018年のこれまでのところは

相場が下げ基調ですが、

仮想通貨市場は長期的に見れば

右肩上がりであることは

間違いありません。

長期的視野に立ったときに

堅実に利益を積み上げられるのが

積立投資です。

>>>仮想通貨の積立投資とは?

堅実と言いましたが、

2017年のような大波がくれば

大きな利益を出すことも

期待できます。

●ガチホ&買い増し

すでに持っている通貨に

どれほど期待できるかにもよりますが、

期待できる通貨ならガチホして

安くなったら買い増しという戦略が

高パフォーマンスを生むと思われます。

●ひたすら時を待つ

今の状況が好転するまで待つ

というのも、立派な投資手法です。

悪い時期に参入するよりも、

上げ相場に乗ったほうが

儲けやすいのは当たりまえの話ですね。

好転する予兆を

いかにつかまえるかがむずかしいですが、

情報収集をおこたりなくやっていれば、

「その時」を捕まえられるかもしれません。

Related Post