ネム(NEM/XEM)が上がらない理由~いつ上がるのか~

ネム上がらない

仮想通貨市場全体が

冷え込んでいるいますが、

ネム(NEM/XEM)の価格も

下落が続いています。

ネム(NEM/XEM)に関しては、

本日時点で2017年9月くらいの

価格になっています。

その頃と言えば、

仮想通貨市場が

熱を帯び始めたくらいの時期で、

その後暴騰したのは

記憶にあると思います。

なぜネム(NEM/XEM)の価格は

上がらないのでしょうか?

仮想通貨市場全体の冷え込みとは別に、

ネム(NEM/XEM)特有の問題

ありそうなので、

今回はそのあたりを考察

してみたいと思います。

>>>ネム仮想通貨とは?

ネムが上がらない!

ネム上がらない

ネム(NEM/XEM)の下落が

止まりません。

本日時点の価格は21円程度。

コインチェック事件の前は

120円をつけたこともありますから、

なんと6分の1の価格です。

ビットコインもイーサリアムも

そこまで激しい落ち方ではありません。

ネムの日本での人気が下火に

ネムの価格下落の一番大きな要因は、

日本でのネム(NEM/XEM)人気が

下火になってきたことが

あげられると思います。

現状、

コインチェックがほぼ機能停止

しているので、

日本国内の取引所で

ネム(NEM/XEM)

取り扱っているのはZaifだけです。

コインマーケットキャップなどで

調べると、

ネム(NEM/XEM)の世界での

取引量のうち、

Zaifでの取扱量は20%程度に

まで下がっています。

5月のゴールデンウィーク時期には

40%以上ありましたから、

半分程度にまで落ちています。

ネム(NEM/XEM)価格を

主導してきた日本市場で

熱が冷めてきたことが、

ネム(NEM/XEM)価格の

下落・停滞につながっていると

言えるでしょう。

Zaifの取引画面ではユーザーの

チャットが見れますが、

最近ではネム(NEM/XEM)の話題が

上がることも少なくなってきています。

●コインチェック事件の風評被害

コインチェック事件の本質は、

取引所のセキュリティが

激甘だったことです。

ネム(NEM/XEM)の性能や

セキュリティが

他に劣っているというわけでは

ありません。

それどころか、

中国の評価機関が出した

安全性の格付けでは

ネム(NEM/XEM)は最高評価

受けています。

しかし、

残念ながらネム(NEM/XEM)には

悪印象がついてしまいました。

悪印象というのは気分の問題ですが、

仮想通貨では価値の裏付けがないため、

この「気分」が価格を支配してしまいます。

●流出ネムの売り圧力

コインチェック事件で流出した

ネム(NEM/XEM)約5.4億枚

言われています。

ネム(NEM/XEM)の発行総量は

90億枚ですから、

6%程度に当たります。

6%というのはそれほど多く

感じませんが、

発行総量ではなく、

流通量と比べるとその比率は

グーンと上がります。

流出したネム(NEM/XEM)

ダークウェブで15%割引で

売却された模様です。

買った人たちの思惑としては、

「安く買えたから普通に売れば儲かる」

というものでしょう。

つまり、

ネム(NEM/XEM)の将来性に

期待してガチホするという

ものではなく、

短期的に売り抜けられればいい

という考え方です。

これは、

市場にとっては強力な

売り圧力となります。

ネムはいつ上がる?

ネム上がらない

ネムホルダーにとっては

非常に厳しい状況ですが、

ネム(NEM/XEM)の価格は

もう上がらないのでしょうか?

私見ですが、

私は上がる可能性は

残っていると思います。

ただし、

その起点となるのは残念ながら

日本ではないでしょう。

日本では

ネム(NEM/XEM)に対する

悪感情が浸透してしまいました。

気分が価格を支配する

仮想通貨市場では、

日本のユーザーが今後積極的に

ネム(NEM/XEM)の買い圧力となる

とは思えません。

先ほどZaifでの取引量のシェアが

半分になった話をしましたが、

落ちた分のシェアは

海外取引所が握るようになりました。

その意味で海外で火がついて、

日本に波及するということは

あると思います。

問題はその時期ですが、

こればかりは予測がつきません。

ただ、

火がつくための条件なら

いくつかあげられるでしょう。

まずはネム(NEM/XEM)での

「カタパルト」

の実装でしょう。

>>>カタパルトとは?

兄弟分であるmijinへの

カタパルトの実装は

この5月になされましたので、

それがいつネム(NEM/XEM)

反映されるかが

一つのポイントになるでしょう。

もうひとつは「実需」です。

これはネム(NEM/XEM)だけの

問題ではありませんが、

ネム(NEM/XEM)のように

すばらしい性能を持った

仮想通貨でも、

実際に使われなければ

ただのデータです。

逆に言えば、

今現在「実需」のある

仮想通貨はありません。

小さな分野でも

「実需」

としてデファクトスタンダードの

地位を得れば

価格は必ず上昇するでしょう。

最も近いのは

リップルだと思いますが、

ネム(NEM/XEM)にはリップルほどの

営業力がないように思えます。

ネム財団もそのあたりは

意識していると思うので、

今後に期待ですね。

将来的に今の価格が底だったと

思う時が来るかもしれません。

投資は自己責任ですから、

今を底と見て仕込むという

判断があってもいいと思います。

Related Post