ネム(NEM/XEM)の買い時は今かも?風向きは変わったか

ネム(NEM/XEM)買い時はいつか?

>>>ネム(NEM/XEM)とは?

コインチェック事件で一躍?

有名になったネム(NEM/XEM)ですが、

事件以来いくつかの波はあれど、

基本的に下げトレンドでしたが、

風向きが変わったかもしれません。

そうであれば今の価格は買い時

言えるかもしれません。

私がそう感じる理由を

説明したいと思います。

シロウト考えの域は出ませんが、

何かの参考になれば幸いです。

ネム(NEM/XEM)の買い時

ネム(NEM/XEM)に対する風向きが変わりつつある

コインチェック事件によって

ついてしまった悪いイメージは

まだ抜け切れていないと思いますが、

少しずつネム(NEM/XEM)にも

動きが出てきました。

●韓国での高騰

7月に入って、韓国市場で

ネム(NEM/XEM)が高騰しました。

この動きにつられて、

日本市場でもネム(NEM/XEM)

高騰しました。

高騰と言っても動きの幅は小さく、

一時的なものである感は否めませんが、

海外での動きが日本にも波及してきた

ことには風向きの変化を感じます。

これまで、

ネム(NEM/XEM)は日本との深い関係から、

主に日本市場での動きが世界市場へ

波及するといった動き方をしてきました。

カンタンに言えば、

日本人がネム(NEM/XEM)の価格を

決めてきたと言えます。

そこに、

値動きの幅は小さいとはいえ、

海外発の動きが出てきた

わけです。

この記事でも書きましたが、

ネム(NEM/XEM)の価格が上がるには

海外発の要因が必要です。

それが実際に起こり始めている

考えることができます。

●Zaifの販売所が開設

ネム(NEM/XEM)流通量では世界一の

Zaifが、これまでの取引所形式に加え、

販売所形式での取引ができるように

なりました。

>>>取引所と販売所の違い

Zaifを運営するテックビューロの

朝山CEOはネム財団の理事でもあります。

Zaifがネム(NEM/XEM)の事業展開を

拡大しようとしている理由は

まだわかりませんが、

それなりに自信を持っていると

見るのが自然でしょう。

ひょっとすると、

2018年中に予定されていた

カタパルト実装に

メドがついたのかもしれません。

>>>ネム(NEM/XEM)のカタパルトとは

カタパルト実装が実現すれば、

ネム(NEM/XEM)の価格に良い影響を

もたらしてくれるでしょう。

●下げ止まり感

これはネム(NEM/XEM)に限った話

ではありませんが、

仮想通貨市場全体が下げ止まりを

迎えた感じがあります。

ゴールデンウィーク以降、

下げトレンドだった仮想通貨市場ですが、

6月末に底を打ったかもしれません。

実際7月に入ってからは

ゆっくりと上げ始めたような

動き方をしています。

仮想通貨市場全体の動きとしては、

大きなイベントとして、

8月のビットコインETFの承認問題

がありますから、

この結果しだいによっては

どうなるかまだわかりませんが。

ネム(NEM/XEM)の買い時は?

ネム(NEM/XEM)の買い時

この記事を書いている時点での

ネム(NEM/XEM)の価格が

19円くらいです。

6月末には

16円台をつけていましたから、

わずかですが上がってきています。

仮想通貨市場は

長期的には成長市場ですから、

今の時期を買い時と考えても

悪くないと思います。

ネム(NEM/XEM)については、

カタパルト実装という花火が上がる

可能性を秘めていますし、

性能は折り紙つきですから

将来性を期待できる通貨であることは

間違いありません。

余談ですが、

今日からコインマーケットキャップで

除外されていた韓国の取引所が

復活してきたようです。

そこで

韓国では大手のビッサムが

ネム(NEM/XEM)取引量の

2割近いシェアを持っていることが

わかりました。

案外、

今後のネム(NEM/XEM)価格を

引っ張っていくのは

韓国市場かもしれません。

以前にも

どこかの記事で書きましたが、

買い時というのは

大底である必要はありません。

また、

何円だから買い時という

決まりもありません。

大局的に見て、

これから上がりそうだ

と思えた時が買い時です。

私は今がネム(NEM/XEM)買い時

思えますが、皆さんはいかがですか?

Related Post