リップルは2万円になる!?その根拠は?可能性ある?

リップル2万円になる!

>>>リップルとは?

ツイッターやブログなど、

リップラーと思しき人たちの中で

リップル2万円になるという

説が語られています。

リップルは本当に2万円などという

価格になるのでしょうか?

その根拠について調べてみました。

リップル2万円

リップルは2万円になる!?その根拠は?

まことしやかに語られる

リップル2万円説ですが、

その根拠はどんなところに

あるのでしょう?

いくつかのブログを調べると、

だいたい下記のような試算に

基づくようです。

・アメリカドルの時価総額が2000兆円
・リップルの発行上限が1000億枚
・2000兆円÷1000億枚=2万円

アナタはどう思いますか?

一応、リップル(XRP)

アメリカドル建て送金の

ブリッジ通貨になるとの

想定の元の試算だそうです。

私はこの試算は何の根拠にも

なっていないと思います。

だいたい、

アメリカドルの時価総額が

2000兆円だからと言って、

なぜそれがリップル(XRP)

置き換わるのでしょう?

これならまだノストロ口座に

死蔵されている3000兆円が

すべてリップル(XRP)

置き換わるとした方が

意味ある試算になると思います。

ノストロ口座とは国際送金用に

大手銀行が各国の銀行に

現地通貨建てで保持している

資金の口座です。

国際送金では最後は現地通貨で

渡す必要があるので、

専用の口座に現地通貨を

プールしておくわけです。

そのノストロ口座に

保持されている資金が

全世界で3000兆円と

言われています。

単純にそれがリップル(XRP)

置き換わったとしたら、

3000兆円÷1000億枚=3万円

ということになります。

しかし、

ことはそんなに単純ではありません。

ノストロ口座の資金は

各国の現地通貨で用意する

必要があるから3000兆円も

必要なのであって、

もしリップル(XRP)だけでよいのなら、

もっと少ない金額で済むはずです。

ちなみに、

私もリップル(XRP)の適正価格を

試算してみたことがあります。

興味がある方はこちらをどうぞ。

>>>リップルの適正価格とは?

リップルは結局いくらまで上がる?

リップル2万円

では、リップル(XRP)2万円

なることはないのでしょうか?

私はリップル

第一段階の目標である、

国際送金事業で

仮にシェア50%を獲った場合の

価格を2000円と試算しました。

もちろん、

私の勝手予想ですので、

専門家からすればお笑い種

かもしれません。

ただ、この予想にしても、

あくまで第一段階の目標を

達成した場合の試算です。

リップルの最終目標は

「価値のインターネット」

ですから、もっと壮大なものです。

それを考えると、

リップル(XRP)2万円

超えることはないとは断言できません。

また、

リップルネットワークの開発者である

David Schwartz 氏はチャットで

リップル(XRP)の価格は2万円では済まない」

と発言したとされています。

(※残念ながらこの発言については確認できていません)

いずれにせよ、

リップル(XRP)の価格は

今後上昇していくことは

間違いないと思います。

Related Post