リップル(XRP)の上限価格7万4000円の根拠とは?

リップル上限価格

リップル上限価格

いくらなのか?

リップラーならずとも

興味のある話ですね。

リップルはよく上限価格

話題になります。

なぜかというと、

リップルは使用用途が

「国際送金のためのブリッジ通貨」

と明確なため、

試算がしやすいからです。

>>>リップルとは

リップル上限価格

7万4000円になるとの噂が

ネット上で話題になっています。

その根拠はどういう事なのか、

解説していきます。

リップルの上限価格が7万4000円の根拠

元ネタは海外

リップル上限価格が7万4000円

であるとの噂の元になっているのは、

リップル専門の海外ニュースサイト

「Ripple News Tech」の記事です。

リップル上限価格

「ANALYSIS XRP: How Much Will it be Worth?」

この記事のさらに元ネタになって

いるのが、あるブロガーの記事です。

リップル上限価格

「XRP: How Much Will it be Worth?」

どういう内容か

世界の送金事業の規模は

年間2550兆ドルです。

一日当たりに直すと9.8兆ドル

国際送金が行われていることになります。

この1日当たり9.8兆ドルの

国際送金を実現するために、

27兆ドルがノストロ口座

という口座に準備されています。

ノストロ口座とは、

最終的に現地通貨で決済するために

あらかじめ外貨で資金を準備

しておくための口座です。

もし、

リップルが国際送金事業で成功し、

業界標準となれば、

このノストロ口座にプールされている

資金がリップル(XRP)に置き換わる

ことになります。

現在のリップル(XRP)の流通量が

390億枚です。

そうすると、

1XRPの金額が計算できますね。

27兆ドル÷390億枚=692.3ドル

1ドル=107円で計算すると

約7万4000円となります。

この試算は妥当か

どうでしょうか?

アナタはこの上限価格の試算は

妥当だと思いますか?

元ネタとなった記事には

もっともらしくいろんな

参照サイトのリンクが

貼ってあります。

リンク先は

ripple社の公式サイトであったり、

マッキンゼーのサイトであったりします。

数字的には

ノストロ口座の27兆ドルと

いうのは2015年末の数字のようで

どうやら本当らしいです。

私的には

「まあ数字遊びの域を出ないな。」

という印象です。

反論ポイントとしては、

リップル(XRP)の発行総量は1000億XRP
リップル(XRP)が使われれば27兆ドルも準備しなくて済む

などはすぐに思いつきます。

2点目などは元記事でも認めていますが。

リップルではこの手の試算例は

たくさん出ています。

私も試算してみたことがあります。

もちろん私見ですので

そのように断っていますが。

>>>リップルの適正価格は?

リップルの上限価格7万4000円はウソなのか?

この話はウソなのかどうか

というと、それはわかりません。

試算方法は

数字遊びのように見えますが、

リップル(XRP)が7万4000円に

ならないとは言えません。

私的には7万4000円が

高いとも思いません。

現在のリップルの目標は

国際送金用途で成功することですが、

最終目標はもっと高いところに

あるからです。

リップルの最終目標は

「価値のインターネット」

です。

あらゆる価値の移動を

リップル(XRP)がブリッジする。

これが実現したら、

どのくらいの価格になるのか

想像がつきません。。

さらに言えば、

そこまでの信用がつけば、

現在のビットコインに

とってかわるかもしれません。

つまり通貨用途以外に

資産保持としての用途にも

拡大するかもしれないのです。

まあ、夢は尽きませんが、

一方で心配事もあります。

たとえばリップルが証券と

見なされるかもしれない点です。

>>>リップル最新ニュース

まあ、一喜一憂せずに、

長い目で見て

なおかつ情報は追っていくことが

大事ということですよね。

リップルをおトクに買うならビットバンク

リップルを買うにしても、

どこで買うかによって

かなりの差が出ます。

なので取引所選びは重要です。

具体例を見ていきましょう。

下の2枚の画像を見てください。

リップル上限価格

リップル上限価格

上の画像はGMOコインの取引画面、

下はビットバンクの取引画面です。

ほぼ同時刻(2秒差くらい)に

キャプチャした画面画像です。

GMOコインでの価格は

購入価格というところの

1XRP=56.294円。

ビットバンクでは左の

数字がたくさん並んでいるところの

赤字の数字が直近の約定価格で、

1XRP=54.099円。

その差は2.195円です。

この差が実はとても大きく

影響します。

もし1000XRP買うとすれば、

GMOコインでは56294円、

ビットバンクでは54099円。

その差は2195円に拡大します。

ということは、

同じ金額ならビットバンクの方が

2195円÷54.099円=約40XRP

の分だけ余計に買えます

もし2000XRP買うとすると

その差は2倍に拡大します。

つまり、

金額差なら4390円

枚数なら約80XRPの差になります。

この差は買う時だけでなく、

その後値上がりした時にも

響いてきます。

もし80XRP余計に買えていたら、

儲けもそれだけ大きくなります。

ちなみにどちらも手数料は0%と

いうことになっていますが

価格の違いの由来は販売所形式か

取引所形式かという部分が大きいです。

販売所形式の場合、

最初から価格に手数料が

織り込まれています。

だから高めの価格になるわけです。

一方で

ビットバンクの手数料0%というのは

ほとんど考えられないような設定です。

他の取引所なら0.2%ぐらいは

取られます。

リップル(XRP)を買うなら

ビットバンクをオススメする理由が

わかっていただけたと思いますが、

もうひとつ理由があります。

ビットバンクはリップル(XRP)の

取扱高が世界一です。

それだけ流動性が高いため、

売りたいとき、買いたいときに

取引できる利点があります。

手数料0%の狙いも

そこらへんのところに

あるのでしょう。

つまり、

今後も安定して取引できる

可能性が高いということです。

リップル買うなら

ビットバンクが断然オススメです。

▼リップルならビットバンク▼

bitbank

Related Post